One day at a time

     

以前にも書いたかもしれませんが、私は音楽から「えっ?」と思うようなメッセージ(と思っています)を受けとることがよくあります。

 

無意識に同じ曲を何度も何度も口ずさんでいたり、一日中、どこに行っても同じ曲がかかってたりします。私がここにいることを誰か知っててこの曲かけてるのかな~?と思うくらい。

(これは誰にでもある現象だと思います。)

 

 

そういう時は歌詞をよく聴いてみます。

必ず、嬉しくなったり、慰められたり、励まされたりと、その時にぴったりのメッセージです。

 

 

昨日、気がつくと何度もエンリケ・イグレシアスの「One day at a time」を口ずさんでいました。

そこにFacebookに入ってきたポストが、ブルース・リプトンの写真の入ったポストで、

 

「荷が重すぎ、と感じたら、覚えておいてほしい。

少しづつすること。

それが乗りきる方法です。

なんでも “ひとつづつ” していくことです。」

 

というような内容。

 

最近、沢山の事を考えすぎてて、どれから手をつけていいかわからなくなっていました。

 

エンリケの歌の、別れた恋人のことを一日毎に忘れれるように…云々、という恋愛の内容は、私には関係ないけれど、

「One day at a time」とブルース・リプトンのポストがタイムリーに届いたことは、「このメッセージを無視しないで!」ということなんだと思います。

 

頭の中に散らかってしまっている物事を「One day at a time」毎日少しづつ片付けていきなさいよ、というメッセージだな~と。

 

ということで、まず、溜りに溜まった本(10冊くらいはある)を読もうと思います。一冊づつやっつけていこうと思います。

根が真面目なので、真剣に読むときは鉛筆とノートを用意しないと達成感が得られないのです。そして一度スイッチが入ると、結構はまります。

 

「One day at a time」だけど、積み重なると大きなものになりますからね。

 

 

 

Information

Treatments are by appointment only.

 

Monday - Sunday

 

Contact

 

Contact:

0425 787 184

 

 Location:

Natural Pathways,

65-67 Percy Street,

Mitcham Vic.